Shopping

Century 21 Department Stores

エリア
ローワー・マンハッタン
費用目安
安い!

 『ブランドのタグがついたままの新品が70-80%オフ!わざわざ時間を潰してアウトレットに行かなくても、マンハッタンで充分じゃないか!』30年以上たった今でも、初めてセンチュリー21に足を踏み入れた時の衝撃は忘れません。高級ブランドが、目を疑いたくなるほど安かったのです。
早朝から夜遅くまで営業しているセンチュリー21は旅行者にとっても、効率的に時間が使えるありがたい存在です。ローワー・マンハッタンに行くと、たくさんのセンチュリー21のビニールバッグを、それも両手に持った人が居て、その人気ぶりが伺えます。
Daffy's、Loehmann's、SYM'sと、マンハッタンにたくさんあったディスカウントストアも、ブランド自らがOutlet Shopを運営するようになって、その役割を終えどんどん姿を消していきました。残るはCentury 21のみ。
ちょっと僕はセンチュリー21の将来に危惧しています。アッパー・ウエストサイドやブルックリンのダウンタウンにも、新しい店舗をオープンしていますが、近年商品からトップブランドが減り、驚くような価格がつけられたものもなくなってきています。末期のSYMSもブランドの数が減り、商品の活きが悪くなってきたなと思ったら、破産してしまいました。
ニューヨークに行くたびに、ラルフローレンの下着や靴下を買い込んでいます。センチュリー21がそうならなければいいのですが・・・。
JOJO Posted 20/05/12

このスポットの情報を投稿する

住所 21 Dey St, New York, NY 10007
TEL +1 212-227-9092
Web https://www.c21stores.com/
Hours Mon - Wed / 7:45 - 21:00
Thu - Fri / 7:45 - 9:30
Sat / 10:00 - 21:00
Sun / 11:00 - 20:00
JOJO MEMO 1961年、共同創業者のアルとソニー・ギンディはローワー・マンハッタンの今の場所に3階建ての小さなディスカウント・ショップをオープンしました。店名にはその後すぐに開催される万博のキャッチコピー「Century 21,The World of Tomorrow」にインスパイアされたオーナーの使命が込められています。彼らは従来の小売モデルを一新し、デザイナーズブランドを驚きの価格で購入できるよう創業したのです。
フラッグショップは最初は3階建ての小さなものでしたが、現在は6つのビルにまたがり東海岸を中心に14の店舗を運営しています。


このスポットの情報を投稿する


  • Visitors today : 5
  • Page views today : 5
  • Total visitors : 48
  • Total page view: 67