Top / 秋吉敏子

  Toshiko Akiyoshi / 穐吉敏子

9.jpg

 1929年12月12日、旧満州の遼陽生まれ。グラミー賞での12回のノミネーションをはじめ、日本人で唯一「世界ジャズ名誉の殿堂」入りを果たすなど、日本音楽界が世界に誇るジャズ・ピアニスト。

 小学校一年生でピアノを習い始め、大連音楽学校で中国人の楊先生にピアノを習う。敗戦後に日本に引き揚げ、大分県別府の駐留軍のキャンプでジャズピアニストとして演奏をする。

 1948年に上京。JATPで来日していたオスカー・ピーターソンは、銀座のジャズクラブ「テネシー」に出演していた彼女のピアノに惚れこみ、プロデューサーのノーマン・グランツに推薦。日本人ジャズ・ミュージシャンとしては初めてノーグラン・レーベル(のちのヴァーヴ)で『トシコ』を録音。一躍アメリカのジャズ・シーンで注目を浴びる。

 1956年、26歳で単身渡米、日本人として初めて奨学生としてバークリー音楽学院で学ぶ。

ヒストリー

  • 1929年12月12日、旧満州の遼陽に生まれる
  • 1953年 オスカー・ピータースンの目に留まる
  • 1956年 26歳で単身渡米。日本人として初めて奨学生としてバークリー音楽院に学ぶ。
  • 1956年 ニューポート・ジャズ祭へ出演
  • 1959年 サックス奏者のチャーリー・マリアーノと結婚
  • 1965年 離婚
  • 1969年 ルー・タバキンと再婚する
  • 1973年 LAで夫ルー・タバキンとビックバンドを結成
  • 1982年 ニューヨークに戻る
  • 1999年 日本人としては初めて殿堂入り(International Jazz Hall of Fame)を果たす
  • 2003年 バートランド?での演奏を最後にビックバンドを解散

エピソード

  • Monday満ちるは、最初の結婚でサックス奏者のチャーリー・マリアーノとの子供。

著書

ジャズと生きる 1966年10月出版 第9回ミュージック・ペンクラブ・ポピュラー部門最優秀賞
 満州からの引揚げ後、ジャズ・ピアニストの道を歩み出した少女は、才能と幸運に恵まれて、一九五六年、憧れの米国留学を果たし、本場ニューヨークで注目を浴びる。だが、立ちはだかる人種や性の壁、そして出産・離婚…。作曲・編曲家、ビッグバンド・リーダーとしても国際的に活躍する在米の著者が、波瀾に満ちた過去を初めてつづる自伝。

外部リンク

穐吉敏子論

コメント


お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 1606, today: 1, yesterday: 2
Last-modified: Tue, 05 May 2009 10:01:22 JST (3703d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索