Top / ティン・パン・アレイ

  Tin Pan Alley / ティン・パン・アレイ

1800年後半、28丁目のブロードウェイと6番街に挟まれたエリアは音楽出版社が肩を寄せ合う様に集まり、ナベを叩くようににぎやかにサンプルの音を立てていたため、「ティン・パン・アレイ(ティン・パンはナベを叩く擬音、アレイは小道)」と呼ばれていました。

この当時、音楽はレコードを聴くものではなく、ピアノなどで演奏されるものを聴くものでした。そのため音楽業界は演奏するための楽譜を売ることで成り立っていました。ヒットした曲の楽譜を売ることで成り立っていました。アメリカ音楽の父といわれた、ガーシュインは15歳のころからティン・パン・アレイの1軒の店でピアノを演奏して見せ、演奏している曲の楽譜を売っていました。

シンガー・ソングライターがいない時代、職業的音楽化が作詞や作曲をするのが一般的でした。職業的音楽家が多くいた、ティン・パン・アレイはアメリカの音楽の中心でした。

ヒストリー

エピソード

外部リンク

コメント


お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 884, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Tue, 02 Jun 2009 23:49:54 JST (3675d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索