Top / コットン・クラブ

  Cotton Club / コットン・クラブ

cotton_club.jpg

ハーレム・ルネッサンス時代のナイトクラブで一番有名かつ成功を収めたのが、ここコットン・クラブだった。

禁酒法下の1920年、ハーレムの142丁目&Lenox Avenueにヘビー級ボクサーのジャック・ジョンソンが前身となるClub DeLuxをオープンする。そして1923年にギャング・スターのOwney Maddenに売り渡され、白人のために黒人が演奏するナイトクラブとして、大成功を収める。

1978年にハーレムの125丁目に再オープンしたコットン・クラブは、ハーレムルネッサンスを謳歌したクラブとは別物。あの時の熱気は消え去り、緩慢とした時が流れるだけのクラブとなってしまっている。

ヒストリー

  • 1923年 ギャング・スターのOwney Maddenに売り渡される。
  • 1927年 デューク・エリントン・バンドが専属バンドとなる
  • 1936年 ミッドタウンに移転。
  • 1940年6月 クローズ
  • 1978年 ハーレムに戻り再オープン

エピソード

40.jpg
  • オーナーのOwney Madden(写真左)はOwney "The Killer" Maddenと呼ばれ、禁酒法で財を成したアイルランド系のギャング・スター。彼と知り合いならば市長と知り合いと同じだけの価値があると言われた、暗黒街のボスだった。
  • クラブ側は最初にキング・オリバーに専属バントとしてオファーを出すがギャラが折り合わず、次にオファーを出したのがエリントン・バンドであった。そして、そのエリントン・バンドが大成功を収めることになる。

外部リンク

オフィシャル・サイト

コメント


お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 2827, today: 1, yesterday: 2
Last-modified: Sun, 26 Apr 2009 21:13:21 JST (3707d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索