Top / グランド・セントラル・ターミナル

  グランド・セントラル・ターミナル / Grand Central Terminal

grand_central.jpg

87 E.42nd St. (Bet. Park Ave. & Lexington Ave.) New York, NY10017  MAP

67路線が44のプラットフォームから発着している、世界でも一番大きなターミナル。日本人旅行者からはグラセンの愛称で親しまれている。

設計はニューヨーク市立図書館も手がけたワレン&ウェットモア。全長143メートル、幅48メートル、天井高46メートルのメイン・コンコースの天井にはPaul Helleuによってエメラルド・グリーンの空に冬の星座が描かれている。

ヒストリー

  • 1903年 建設着工。8千万ドルという当時では想像できない巨額の費用が費やされた。
  • 1913年 遂に完成。
  • 1966年 再開発のため取り壊しが発表されるも、ニューヨーク市やジャクリーン・ケネディ・オナシス?の反対などにより計画は撤回された。
  • 1976年 National Historic Landmarkへ指定される。
  • 1998年 リニューアル完了。3億4千万ドル(約400億円)が投入された。

エピソード

  • 1871年にオープンし、最初は“Grand Central Depot”、その後“Grand Central Station”、1913年に改築されてからは“Grand Central Terminal”と名前が変遷しているらしい。
  • 21のビルと地下でつながっている。
  • 天井に描かれた星座、実は向きが全て逆。この天井を描いたフランス人画家ポール・エルがモチーフに使った中世の絵が、空の向こう側から下界を見渡した神の目の映像として描かれていたため。

体験ツアー

gc.jpg
  • 毎週水曜日12時30分スタート。
    メイン・コンコースの中央インフォメーション・ブースの前に集合。無料ツアーだが終了後10ドル程度の寄付を求められる。
  • 毎週金曜日12時30分スタート。
    Altria Group提供、90分の無料ウォーキング・ツアー。集合はGCTの南西(道をはさんで向かい)、Altria Group本社の中庭にあるSculpture Court of the Whitney Museum。予約は不要。

Whispering Gallery/ウィスパリング・ギャラリー

オイスターバーの前のアーチ状の壁がこう呼ばれている。壁に向かって囁くと、糸電話のように反対側の壁にいる人に伝わるというもの。
プロポーズに良く使われるらしい。

グランド・セントラル・ターミナルとジャクリーン・ケネディ・オナシス

 

外部リンク

オフィシャル・サイト

NYLYの写真集へ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 4609, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Sun, 06 Sep 2009 21:29:46 JST (3579d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索