Top / エドワード・ホッパー

  Edward Hopper / エドワード・ホッパー

49.jpg

20世紀のアメリカを代表する画家。

20世紀の大都市へと大きく変貌していくニューヨークの風景や毎年夏を過ごしたニューイングランドの町並みなどを題材として、当時のアメリカをありのままに描いた。都市の光と影、寂寥感、孤独感を描いたホッパーの絵画は、アメリカ絵画史の中でとりわけ高く評価されている。

ニューヨークで、アシュカン派?(ごみ箱派)の創設者のロバート・ヘンリ?に絵を学び、ニューヨーク美術学校卒業後、広告代理店に務めてイラストレーターとして生計を立てる。しかし、彼にとってイラストレーションは忌み嫌うもので最後まで好きになることはできななかった。

ヒストリー

  • 1882年 ニューヨーク市の近郊、ハドソン川沿いのナイアックで生れる
  • 1899年 コレスポンデンス・スクール・オブ・イラストレイティングでイラストレーションを学ぶ
  • 1913年 ニューヨークでアーモリー・ショー?に参加
  • 1920年 初の個展をホイットニー・ステュディオ・クラブで開催する
  • 1924年 2歳年下のジョセフィン・ニヴィソンと結婚
  • 1930年 代表作「Sunday Morning」を描く
  • 1933年 コッド岬を望むサウス・トルロにアトリエつきの家をもつ
  • 1942年 代表作「Night Hawks」を描く
  • 1967年 ニューヨークにて死去
  • 1983年 ニューヨーク近代美術館?で初の回顧展が開催される

エピソード

  • 1920年に開いた初の個展では、1枚の絵も売れることがなかった。
  • 1908年からニューヨークに生涯暮らす。ビレッジのワシントン・スクエア・ノース3番地のビルの最上階に制作スタジオがあった。

発言

  • もしかしたら私はあまり人間的ではないのかもしれません。私の関心は、家の壁に当たる陽光を描くことにあるのです。

外部リンク

コメント


お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 3440, today: 1, yesterday: 4
Last-modified: Fri, 18 Nov 2011 08:03:08 JST (2777d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索