Top / イーディ・セジウィック

  Edie Sedgwick / イーディス・ミンターン・セジウィック

6.jpg

アンディ・ウォーホルがつくったファクトリーの女神であり、60年代のアメリカのポップ・カルチャーのスーパースターであった。誰よりも光を放ち、28歳の若さでこの世を去った。


 本名はイーディス・ミンターン・セジウィック。父フランシスは牧場を経営、母アリスの父はサザン・パシフィック鉄道の社長で、先住民よりマンハッタン?を手に入れた「オランダ西インド会社」の子孫にあたる。


カリフォルニアの名家セジウィック家に8人兄弟の7番目として生まれる。一見何不自由なく育つように思うが、寄宿学校に通う頃から拒食症が始まり、19歳で躁鬱病で精神病院に入院、その後入退院を繰り返す。20歳で妊娠、中絶を行い、21歳の時に同性愛者だった三男ミンティが自殺でこの世を去り、22歳の時に長男ボビーが事故死するという波瀾万丈の青春を送る。


彫刻の勉強をしていたイーディ・セジウィックは1964年にニューヨークに移り、ハーバード大学の学生達と夜遊びに明け暮れる。1965年パーティー会場で彼女に一目ぼれをしたアンディ・ウォーホルに、ファクトリーに迎え入れられることから彼女の人生は大きく変わっていき、ヴォーグ誌と契約を結び度々表紙に登場するなど、60年代のアメリカのポップ・カルチャーのスーパースターとなっていく。


イーディーがボブ・ディランと親しくなると、その仲を嫉妬したアンディ・ウォーホルは彼女を見放し、無視するようになる。そして、仕事を失い、お金にも事欠く様になったイーディーはドラックに溺れ入退院を繰り返すようになる。


1971年、病院で知り合ったマイケル・ポストと結婚するが、ドラッグを断つことができず28歳の短い生涯を終える。

バイオグラフィー

  • 1943年 カリフォルニア州サンタバーバラに生まれる
  • 1964年 ニューヨークに移り東60丁目に住む。
  • 1965年 ファクトリーに出入りするようになる。
  • 1966年 ウォーホルと決別
  • 1967年 チェルシー・ホテルに引っ越す。
         カリフォルニアの家族のもとに連れ帰される。
  • 1971年 マイケル・ポストと結婚
  • 1971年 薬の服用過多で死亡

エピソード

  • ボブ・ディランのアルバム『Blonde On Blonde』の中の名曲"JUST LIKE A WOMAN", "LEOPARD SKIN PILL BOX HEART"はイーディ・セジウィックに触発されて生まれたものと言われている。
  • パティー・スミス?もその純白の髪にたちまち魅了され、夢を見ているような気持ちになったという。
  • 父親や兄弟と幼いころに性的な関係があったといわれている。

外部リンク

イーディ―’60年代のヒロイン (単行本) ジーン・スタイン,ジョージ・プリンプトン/著 青山南/翻訳
アンディ・ウォーホルのスーパースター、アンダーグラウンド映画のヒロイン、そして1965年の「ガール・オブ・ザ・イヤー」―60年代の伝説を彗星みたいに駆けぬけていったイーディ。アンディ・ウォーホルノーマン・メイラー?トルーマン・カポーティ?パティ・スミス?ロイ・リキテンシュタイン?、ジョン・ケージ、レオ・キャステリ?アレン・ギンズバーグ、ラウシェンバーグ…。150余人の証言者が彼女と彼女の生きた時代を克明に語るオーラル・バイオグラフィの傑作。

コメント

イーディ・セジウィックへのコメントをお寄せ下さい。


お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 7866, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Mon, 04 May 2009 20:56:29 JST (3699d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索