*  Governers Island / ガバナーズ島 [#qaf5fbf3]
 1626年にオランダ政府は60ギルダー(24ドル)相当の品物との物々交換でネイティブ・アメリカンからマンハッタンを買収する。買収後、オランダ政府はニュー・ネザーランド周をガバナーズ・アイランドに置く。これがニューヨーク州の始まりである。&br;~
 
 長年軍用基地としてつかわれてきたこの島を、2003年にニューヨーク市と州が合同で人を住まわせないことを条件に、国から1ドルで譲り受けた。&br;~
 
 [[ローワー・マンハッタン]]からフェリーで7〜8分。[[サウス・シーポート]]と[[ブルックリン]]から出ているフェリーは無料で乗船できる。2008年は5月31日〜10月12日の金・土・日曜日が開放され、この期間に128,000人もの人がこの島を訪れた。2009年は5月30日から10月11日までの金・土・日曜日に再解放されることが決まっている。
 [[ローワー・マンハッタン]]からフェリーで7〜8分。[[サウス・シーポート]]と[[ブルックリン]]から出ているフェリーは無料で乗船できる。2008年は5月31日〜10月12日の金・土・日曜日が開放され、この期間に128,000人もの人がこの島を訪れた。2009年は5月30日から10月11日までの金・土・日曜日に再解放されることが決まっている。
 
 **ヒストリー [#j8b6f8bb]
 -1611年 オランダ人探検家エードリアン・ブロック(Adriaen Block)によってノッテン島(Nutten Island)と名付けられる
 -1624年 30家族がオランダ西インド会社の手によって入植する
 -1698年 ノッテン島からガバナーズ島へと改名される
 -1702年 ニューヨーク知事、エドワード・ハイド(Edward Hyde)が高台に屋敷を建築する
 -1988年 ドナルド・レーガン大統領とゴルバチョフ首相の米ソ会談がこの島でおこなわれる。
 -1996年 コーストガードがこの島を撤退し、無人島となる。
 -2001年 [[ナショナル・パーク]]となる
 -2009年5月30日 一般に再開放されることが決まっている
 
 **ガバナーズ島へのフェリーのスケジュール [#x472ed83]
 -[[タイムテーブル:http://www.govisland.com/Visit_the_Island/directions.asp]]~
 
 **外部リンク [#c7f69c9d]
 [[オフィシャル・サイト:http://www.govisland.com/]]~
 [[ガバナーズ島内の地図:http://www.govisland.com/PDFs/GIMAPltr.pdf]]~
 [["MAP":http://www.nylovesyou.com/xoops/modules/mygmap/?cat=1&id=410]]~
 [[航空写真:http://www.google.co.jp/maphp?hl=ja&q=&ie=UTF8&t=k&om=0&ll=40.688448,-74.016438&spn=0.026977,0.038924&z=15]]~
 **コメント [#me9e3a11]
 #comment

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索