Top / ルー・リード

  Lou Reed / ルー・リード

22.jpg

本名ルイス・アラン・リード。1942年ブルックリンに生まれ、ロング・アイランド?で育ったユダヤ系アメリカ人。

Bard of the East Village(イースト・ヴィレッジの吟遊詩人)とまで呼ばれた、ニューヨークが生んだ最高のロック・ポエットである。

バイオグラフィー

  • 1942年3月2日 ブルックリン生まれ 
  • 1965年 ジョン・ケイルらとベルベット・アンダーグラウンド?を結成
  • 1967年 アンディ・ウォーホルのプロデュースで「The Velvet Underground and Nico」でデビュー
  • 1970年 ベルベット・アンダーグラウンド?を脱退
  • 1998年 クリントン大統領の招きでロックで初めてホワイトハウスでライブを行う
  • 1996年 ロックの殿堂入り
  • 2008年 90年代より長年公私をともにしてきた、パフォーマンス・アーチストの、ローリー・アンダーソンと結婚

エピソード

  • 彼の偏屈ぶりは有名で2003年の来日時も、目の前で鼻を一度すすったというだけで大手新聞社の記者を部屋から追い出している。
  • 17歳の時に同性愛嗜好を直す治療法と考えられていた電気ショック療法を受ける。
  • パンク・ロック仲間であるジョーイ・ラモーンがその功績を称えられ、彼が昔住んでいたセカンド・ストリート・イースト・ヴィレッジがジョーイ・ラモーン・プレイスと名称変更された。このことに触発されて、2008年にルー・リードはニューヨークの道に自分の名前を付けてもらおうと運動を始めた。「どんな小さな道でもいいから」と、これまでの功績を認められ、愛する街に自分の名前のついた道ができることを熱望している。

外部リンク

オフィシャル・サイト


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 2275, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Sun, 10 Aug 2014 15:18:08 JST (1139d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索