Top / トライベッカ映画祭

  トライベッカ映画祭 / Tribeca Film Festival

tribeca_cinema.jpg

映画プロデューサーのJane Rosenthalと夫のCraig Hatkoffはビジネスパートナーでもある俳優のロバート・デ・ニーロ?とともに、911以降沈滞するローワー・マンハッタン・エリアの復活を目指し、トライベッカ映画祭を計画した。

トライベッカ映画祭もカンヌ映画祭のように映画だけの映画祭にしたくないというデ・ニーロの言葉通り、第一回のトライベッカ映画祭はシェリル・クロウやデヴィッド・ボウイなどの無料コンサートやストリートフェア、パネル・ディスカッションなどが行われ、5日間で15万人がローワー・マンハッタンを訪れる大成功をおさめた。

ドキュメンタリー、ショート・フィルム、スポーツ、ファミリー、ミッドナイトといったカテゴリーに分かれ、参加する作品は、ドキュメンタリー・フィルム部門が一番多い。

バイオグラフィー

  • 2003年 第2回トライベッカ映画祭 5/03〜5/10
  • 2005年 第4回トライベッカ映画祭 4/19〜5/01
  • 2006年 第5回トライベッカ映画祭 4/25〜5/07 135,000人が参加
  • 2007年 第6回トライベッカ映画祭 4/25〜5/06
  • 2008年 第7回トライベッカ映画祭 4/23〜5/04
  • 2009年 第8回トライベッカ映画祭 4/22〜5/03
     ウディ・アレン監督がニューヨークで4年ぶりに撮影したロマンチック・コメディ「Whatever Works(原題)」がオープニング作品として上映された。
     この4年間ヨーロッパで映画を撮ってきた監督は「海外で撮影しているのはニューヨークで撮影するだけの金銭的な余裕がないからで、ニューヨークで撮影するのは非常にお金がかかる」と話した。

エピソード

外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 2707, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Sat, 25 Apr 2009 08:10:00 JST (3735d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索