Top / スティーブ・ブリル

  Steve Brill / スティーブ・ブリル

cp_1.jpg

彼はセントラル・パークに自生する野草をレクチャーしながら食べて歩くツアーのツアー・ガイド。「ビック・アップルでサラダを作る男」といわれ、ワイルド・マンという愛称でみんなから親しまれている。

ホテルの料理人、ヨガ・スタジオで自然食の料理教室の先生を経て、ナチュラルフード・ケータリング・ビジネスを運営していたが、スカウトされて市職員として6年間ツアーをしながら働いた。現在はフリーのナチュラリストとして活動を続けている。

住所は(笑)・・・
"Wildman" Steve Brill,320 Palmer Terrace, Apartment 2A, Mamaroneck, NY 10543
E-MAIL wildman@wildmanstevebrill.com Phone:(914) 835-2153

NEW YORK CITY PARK TOURS

20.jpg

公園内を散策しながら、食べれる野草や花を見つけてはその食べ方や、由来や効能などを楽しくレクチャーしてくれる。

ツアーは11時45分と15時45分の1日2回。ドネーション(寄付)として提示されている参加費用は15ドル(12歳以下は10ドル)。冬はお休み。スケジュールは彼のウエッブサイトから。

写真(左)は彼の書いたThe Wild Vegetarian Cookbook。ツアーの最初に即売会が開かれます(笑)。その場で購入するともれなくワイルドマンのサインがついてきます。

ヒストリー

  • 1979年 ニューヨークのカニングハムパークでブドウの葉を摘んでいるギリシャ人の女性達に触発されて、野草に目覚める。

エピソード

  • ニューヨーク市内の公園で野草を食べ荒らしたとして、一時は市の公園管理局から告訴されたが、同局の臨時職員として雇用することで一件落着。
    「セントラルパークの草を彼に食べつくされてしまうかも?」と、当局に危惧を与えた彼の野草の食いっぷりとは(笑)?
  • 娘さんの名前はバイオレット(Violet)。スミレ科の野草の名前だ。

外部リンク

オフィシャル・サイト

コメント


お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 1385, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Sat, 30 May 2009 20:59:21 JST (3703d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索