Top / アバクロンビー&フィッチ

  Abercrombie&Fitch / アバクロンビー&フィッチ

ad.jpg

Fifth Avenue (Flagship)
720 Fifth Avenue New York, NY 10019
TEL 212-306-0936
Mon-Sat 10:00-20:00、Sun 12:00-18:00

South Street Seaport
199 Water Street New York, NY 10038
TEL 212-809-9000 Mon-Sat 10:00-19:00、Sun 11:00-18:00

 アメリカを代表するアメリカン・カジュアル・ブランド。2009年日本上陸予定。日本では通称”アバクロ”として親しまれている。

 1892年、メリーランド州ボルティモア出身のデビッド・アバロクロンビーがニューヨークでキャンプ、釣り、狩猟等のアウトドア・グッズの店としてオープンする。後に、顧客の一人で弁護士のエズラ・フィッチが経営に加わり、1904年に現在のアバクロンビー&フィッチという社名となった。文豪ヘミングウェイや探検家ピアリをはじめ、セオドア・ルーズベルト、フーバー、アイゼンハワー、ハーディング、ケネディなどに愛され、1907年のアバロクロンビーの辞任、1928年のフィッチの引退後も企業は順調に成長を続けたが、1970年代から経営危機に陥り、買収という形でいくつかの大企業の手を渡り歩く運命をたどった。

abercro.jpg

 1992年、マイケル・ジェフリーズ氏が最高経営責任者(CEO)に就任し、今日の「アバクロ」へと変貌が始まる。これまでのクラシックな大人向けアメリカンカジュアルから、若者をターゲットとしたヴィンテージ風アメリカン・カジュアルにコンセプトの大きな転換を図った。同時にジェフリーズCEOの強力なリーダーシップのもと、数々の経営革新を行い、白人の若者から絶大な支持を獲得、以降毎年30%を超える成長を続け、1993年から1996年までの4年間で売上高が約3倍に拡大、1998年5月にはリミテッド傘下からの独立を果たした。

 2007年7月現在、米国内の店舗数は983となっており、その内訳はアバクロンビー&フィッチ362店、7歳から14歳の子供服ブランド「アバクロンビー(Abercrombie)186店」、西海岸のライフスタイルをコンセプトとした「ホリスター(Hollister)418店」、そして30歳までをターゲットとし、元グッチのロバート・シンガー氏を最高執行責任者(COO)に迎えて2004年10月にオープンした「ルール(Ruehl)17店」、2008年からは「ジリーヒックス (Gilly Hicks)」という下着・ラウンジウェアの5ブランドとなっている。

ヒストリー

  • 1892年 ニューヨークで釣りやキャンプ、狩猟等のアウトドア用品専門店として創業
  • 1907年 デビッド・アバクロンビー、経営方針の違いにより経営から退く。
  • 1988年 リミテッド社(現リミテッド・ブランズ社)に買収される
  • 1992年 アメカジへ路線変更
  • 1992年 子供向けブランド、アバクロンビーをスタート
  • 2009年 12月15日、銀座6丁目に旗艦店をオープン予定 パブリシティー 

ニューヨークのアバクロ

 ミッドタウンの店舗は入場制限をするほどのにぎわいだが、ローワー・マンハッタンの店舗はさほど混んでいない。
ニューヨークでゆっくり商品を探そうとするのならば、ローワー・マンハッタンのお店がおすすめ。

外部リンク

オフィシャル・サイト

コメント

  • 裸のイケメン店員さんと写真を撮ってきました。いやー、いい男でした〜。一生の宝物です! -- ちゃっき? 2009-08-08 17:34:38 (土)

お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 4646, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: Sat, 08 Aug 2009 17:36:14 JST (3631d)
Sponsored Link

ログイン
ユーザID または e-mail:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

新規登録

メインメニュー

テーマ選択

(2 テーマ)

検索