NY Loves You.

  BLUE MAN GROUP "TUBES"  text by JOJO

ブルーマンと記念写真ブルーマンがおすすめ
 ニューヨークのおすすめは?といわれると、僕は決まって、ブルー・マン!とこたえています。正確にはチューブスというべきなんでしょうが、誰もがブルーマンというのでここでもブルー・マンと書きます。ニューヨークにはエンパイア・ステート・ビルや自由の女神もありますが、オフ・ブロードウェイのブルーマンもぜひ。そこにはニューヨークでしか体験できない瞬間があります。
 あまり書いちゃうと面白くないので、内容をここでは詳しくは書きませんが、全身を真っ青に塗った3人組がパーフォーマンスを繰り広げます(そのままですね)。ブルーマンはセリフがないので、英語が不安なかたでも安心です。
 静寂が支配する暗闇から、一転ブルーマンが叩くドラムから原始的なリズムからパフォーマンスがはじまります。それからは驚きと大爆笑の連続。観客が舞台に引っ張り出され...。100分間はあっという間に過ぎ去っていきます。
ブルー・マン もし僕が10代でこれを見ていたら、演劇の道を志したかも...。それぐらい大笑いし、心揺り動かしちゃいました。大感動のフィナーレ(これもナイショです!)を終えてロビーに出て行くと、ショーを終えたばかりのブルーマンがロビーに出てきていて、一緒に記念写真を撮ってくれます。カメラのご用意を忘れずに。
ブルーマンは白いTシャツで!
 ブルーマンは劇場中を歩きまわり、観客をなでまわすのでブルーマンの体液?で服が青くなります。いろいろなものが舞台から飛んでくる前2列には、あらかじめポンチョが椅子に用意されていて、それを着てみることになります。ポンチョを着てショウを見てるさまは、横から見ていると結構笑えます。
 ブルーマンを見に行くときは「汚れてもいいような格好で!」とアドバイスをする人もいますが、僕は逆に白いTシャツを着て行くのがいいと思います。日本に帰って来て「そのTシャツ、ちょっと青く汚れてるね」なんて言われようなものならチャンスです。「これはね、NYでオフ・ブロードウェイのパフォーマンス、ブルーマンに汚されちゃってさー、なかなかとれないんだよねー」と困惑げに、うんちくを披露しながら、さりげなく自慢しましょう(笑)。
そう、ブルーマンには白いTシャツで!

Astor Place Theater
 434 Lafayette St. New York, NY 10003
 http://www.blueman.com
Tickets and seating call: 212.254.4370
Schedule
Tue-Thu 20:00
Fri 19:00, 22:00
Sat 16:00, 19:00, 22:00
Sun 16:00, 19:00
Box Office Hours
Mon - Thu 12:00Noon - 8:00pm
Fri - Sat 12:00Noon - 10:00pm
Sun 12:00Noon - 7:00pm
Seat/オーケストラ 216席、中2階 82席  計298席
公演時間/1時間40分
チケット/39〜40ドル ブルーマンも現在では数ヶ月先までソールド・アウトという状態は過ぎたようですが、事前にウエッブなどで券を購入してから行かれるのが確実です。ただし多少の英語力と手数料が必要です。英語に不安な方は日本から予約を。1週間ぐらいニューヨークに滞在されて、その間いつか見られればいいというような方は直接劇場窓口(Box Office)に行かれて、座席を見ながら購入することも出来ます。

ブルーマン成功物語
 1988年、マット・ゴールドマン、フィル・スタントン、クリス・ウインクの三人によってオリジナルのブルーマンが結成された。なんと今では30人を越すブルーマンがいて、イースト・ビレッジのサード・ストリートにはリハーサル用の録音設備が整った大きな稽古場まで持っているという。
 彼らのキャリアはコパカバーナの前の道からスタートした。路上のパフォーマーからディクソン・プレイスというサロン形式の小屋へステップ・アップ。PS122に何度か出演したあと、90年にはカフェ・ラ・ママで演じた"TUBES"が大成功を収め、日本人プロデューサー出口最一氏の目にとまる。91年2月に現在のビレッジにあるアスタープレース・シアターで公演を始める。オフ・ブロードウェイのトニー賞といわれるオビー賞を受賞。
 ニューヨークでの成功をステップ・ボードに、95年にボストンのチャールズ・ストリート・プレイハウス、97年にシカゴのブライアー・ストリート・シアター、2000年3月には5年契約でラスベガスのルクソール(アスタープレイス・シアターの4倍の大きさ)に進出。いずれの劇場もソールド・アウトが続く大盛況を収めている。

After "BLUE MAN"
BEBEKOさん
 モトモトこの2本(もう一本はDe La GUARDA)を見るためにNYへ行ったのですが、最高〜でした。期待はしていたけど、ここまですごいとは思わなかったヨ。 絶対また見に行きたい〜でっす。
Miwaさん
 ブルーマンは、メチャクチャ面白かったです。 全く英語がダメな人でもパントマイム的な面白さがあるので、充分楽しめると思います。また英語ができるなら、 電光掲示板のようなもののパフォーマンスも更に楽しめますね。観客も一緒にノリノリになれて、とても楽しかったです。ネタバレになるのでこのへんにしておきますね。
 ひとつ、次に行く人のために・・・・。会場が冷房が効いていてとても寒かったので、羽織れるものを(ジャケットとか)持っていかれることをお薦めします。