Jazz Gallery / ジャズ・ギャラリー

住 所 290 Hudson St. Fl 2 (at Dominick St.) New York, NY 10013
予 約 (212) 242-1063
料 金 15~20ドル
Official Site http://theiridium.com/ Schedule

1995年にSOHOの西側、トライベッカの北にオープンしました。

A.C.E線のSpring Street駅から歩いて5分程、隣は青空駐車場で周囲にはお店もなく、夜は少し寂しいくなるエリアになります。入口には大きな看板がついているわけではないので、気をつけていないと通り過ぎてしまいそう(下の写真参照)。しっかりと地図を確認してからいって下さい。

ジャズを聞くためだけにこんな辺鄙な場所まで来るモノ好きは、ニューヨークといえどもそう多くはいないだろうと、狭い階段を上がっていき、アドミッションを払って会場を見てビックリ。横5m×縦15mほどで50人も入れば満員という縦長の小学校をイメージさせる小さな会場には、ギッシリとお客さんが入っています。

非営利団体よって運営され、入口で支払うお金を木箱にしまうのどかな感じ。会場に並べられたパイプ椅子は、昼間はギャラリーとして使われているため、演奏が終わると片付けられます。他のジャズクラブと違って、フードやドリンクも一切サーブされません。

ジャズ文化の継承、若手のジャズ・ミュージシャンの育成を目的とするジャズ・ギャラリーは、名のうれたジャズ・ミュージシャンではなく、明日を担う若手を中心にブッキングが行われ、ニューヨークのジャズクラブの中でも特に先進的で実験的な演奏が毎晩行われています。

ニューヨークのカッテング・エッジな演奏をお聞きになりたいという方にはぜひ訪れて頂きたいジャズ・クラブです。

毎週月曜日は、サックス奏者&作曲家、M-Baseの中心人物であったSteve Colemanによるワークショップがひらかれています。

【特徴】 ちょと辺鄙なところにある、飲食物がサーブされない、小さい


▲Jazz Galleryの入口(見逃さないように(笑))


▲Roy Hargrove’s Big Band at The Jazz Gallery


▲Roy Hargrove Jam Session at Jazz Gallery


▲Jazz Gallery Composers Series-Marcus Gilmore


▲Jazz Gallery NYC Media

3月 7, 2011 · Posted in Jazz Club  
    

Comments

Leave a Reply