住 所 431 W.16th St. (bet.9th & 10th Ave.) New York, NY 10011
予 約 (212)- 414 -5994
料 金 20~50ドル
Official Site http://highlineballroom.com/  スケジュール

芸術の街、チェルシーの中心に位置するハイライン・ボールルームはスタンディングで700人、着席で400人のオーディエンスが収容可能な大きなライブハウス。ここではジャズやロック、ヒップ・ホップといった様々なジャンルのライブが行われています。2011年のドリーム・カムのニューヨーク公演もここで行われました。

ブルーノート、B.B.キング ブルース・クラブ & グリル、ハイライン・ボールルームは同一の経営者(スティーブン・ベンスーザン)によってマネージされています。
 


 

▼The Bad Plus // Physical Cities

3月 18, 2012 · Posted in Jazz Club  
    

住所 66 Park Ave. (between 37th St & 38th St) New York, NY10016
予約 (212) 885-7119
Hours 17:00 – 24:00
月曜日: オープン・ジャム・セッション 20:00~、23:30~
火曜日: ピアノ・ソロ 20:00~、23:00~
水曜日~土曜日: ライブ・ジャズ 20:00~、22:00~
 水&木曜日 カバーチャージ無料、15ドルのミニマムチャージ
 金&土曜日 カバーチャージ25ドル、15ドルのミニマムチャージ
日曜日: ジャズ・ブランチ(ガーデン・カフェ) 11:00~14:00 ビッフェ 29ドル

ニューヨークで1軒だけとなってしまった日系ホテル、ザ・キタノ・ニューヨーク。そのホテルの2階のバー・ラウンジでライブが聴けます。日系ホテルなのでフロントでは日本語も通じます。水曜日と木曜日はカバーチャージが無料、飲み物か食べ物で15ドル使えばジャズが聴ける素晴らしい空間です。

Official Site  http://www.kitano.com/Jazz-at-Bar-Lounge
ドレスコードはカジュアルでOKです


▲ホテルとジャズクラブの紹介


▲Don Friedman + friends @The Kitano-Body and Soul

1月 15, 2012 · Posted in Jazz Club  
    

Closeしました。

住 所 400 Fifth Avenue (bet.36th&37th St.) New York, NY 10018
The Bar on Fifth at the Setai Fifth Avenue Hotel
予 約 (212) 695-4005
料 金 Mon-Sun / No cover charge, one drink minimum
演 奏 20:00~11:00
Official Site 

五番街に面したラグジュアリーなブティックホテル、The Setai Fifth Avenue Hotelの中にあるバー。
本格的なジャズをノーチャージで聴けるのはポイントが高いです。


▲Ehud Asherie, David Wong, Jimmy Wormworth at the Bar on Fifth

9月 13, 2011 · Posted in Jazz Club  
    

住 所 33 W 60th St. (between Broadway & Columbus Ave) New York, NY 10023
予 約 Rose Theater/The Allen Room 212-721-6500
Dizzy’s Club Coca-Cola 212-258-9595 or 9795
料 金 Dizzy’s Club Coca-Cola 15~50ドル
Rose Theater 30~150ドル
Official Site http://www.jalc.org/
Photo Album Click Here!

Jazz at Lincoln Center2004年10月にセントラルパークの南西の角、コロンバスサークルにできた80階建てのビル、タイム・ワーナー・センター(Time Warner Center)の5階と6階にJazz at Lincoln Center(JALC)がはいっています。1~4階にはホールフーズやウイリアムズ・ソノマといったショップやレストランがあって、それらを楽しんだ後にジャズを堪能できる仕組みになっています。

ニューヨーク・フィル、バレエ、オペラやジュリアード音楽院を擁するリンカーン・センター(Lincoln Center for the Performing Arts)がジャズに進出のために設立したのがJALCでし。JALCはライブだけでなく、様々な音楽教育プログラムを通してジャズの継承と発展を目的として活動を行ってきました。JALCの念願であったジャズ専用のホール、それがこのJazz at Lincoln Centerの中の3つのホールです。

92年に。ピュリツァー賞やジャズとクラシック両部門で合わせて9つのグラミー賞を与えられるなど華々しい活躍を続ける現代ジャズの第一人者のウィントン・マルサリス(Wynton Marsalis)が芸術監督に就任し、その活動はさらに広がりを見せています。

JALCには3つのホールがあり、ガラス張りのステージの向こうに広がる素晴らしいセントラル・パークの景色を見ながら、さまざまなジャズを聴くことができます。ロケーションもいい、雰囲気もいい、景色もいいこのジャズクラブ、料金がちょっと高いのがタマにキズです(汗)。

Rose Theater 1,233席
The Allen Room 483席
Dizzy’s Club Coca-Cola 140席



 

 

 

 

8月 28, 2011 · Posted in Jazz Club  
    

住 所 1650 Broadway (at 51st St.) New York, NY 10019.
予 約 (212)- 582-2121
料 金 20~50ドル
学生割引 火水木日のセカンドセットの入場料が半額になります
その他 ミニマム・チャージや入場時の年齢制限はありません
Official Site http://theiridium.com/ Schedule
Photo Album Click Here!



▲Les Paul Live at the Iridium 2003
 

8月 28, 2011 · Posted in Jazz Club  
    

住 所 290 Hudson St. Fl 2 (at Dominick St.) New York, NY 10013
予 約 (212) 242-1063
料 金 15~20ドル
Official Site http://theiridium.com/ Schedule

1995年にSOHOの西側、トライベッカの北にオープンしました。

A.C.E線のSpring Street駅から歩いて5分程、隣は青空駐車場で周囲にはお店もなく、夜は少し寂しいくなるエリアになります。入口には大きな看板がついているわけではないので、気をつけていないと通り過ぎてしまいそう(下の写真参照)。しっかりと地図を確認してからいって下さい。

ジャズを聞くためだけにこんな辺鄙な場所まで来るモノ好きは、ニューヨークといえどもそう多くはいないだろうと、狭い階段を上がっていき、アドミッションを払って会場を見てビックリ。横5m×縦15mほどで50人も入れば満員という縦長の小学校をイメージさせる小さな会場には、ギッシリとお客さんが入っています。

非営利団体よって運営され、入口で支払うお金を木箱にしまうのどかな感じ。会場に並べられたパイプ椅子は、昼間はギャラリーとして使われているため、演奏が終わると片付けられます。他のジャズクラブと違って、フードやドリンクも一切サーブされません。

ジャズ文化の継承、若手のジャズ・ミュージシャンの育成を目的とするジャズ・ギャラリーは、名のうれたジャズ・ミュージシャンではなく、明日を担う若手を中心にブッキングが行われ、ニューヨークのジャズクラブの中でも特に先進的で実験的な演奏が毎晩行われています。

ニューヨークのカッテング・エッジな演奏をお聞きになりたいという方にはぜひ訪れて頂きたいジャズ・クラブです。

毎週月曜日は、サックス奏者&作曲家、M-Baseの中心人物であったSteve Colemanによるワークショップがひらかれています。

【特徴】 ちょと辺鄙なところにある、飲食物がサーブされない、小さい


▲Jazz Galleryの入口(見逃さないように(笑))


▲Roy Hargrove’s Big Band at The Jazz Gallery


▲Roy Hargrove Jam Session at Jazz Gallery


▲Jazz Gallery Composers Series-Marcus Gilmore


▲Jazz Gallery NYC Media

3月 7, 2011 · Posted in Jazz Club  
    

住所 315 W 44th St.(between 8th Ave & 9th Ave) New York, NY 10036
TEL  (212) 581-3080
Hours Mon~Sun 17:00~25:00
Shoe Time 20:30~  23:00~
Music Charge $20~50 その日に演奏するミュージシャンによって変わります
Minimum Charge $10/person (フードもしくはドリンク)
Disucounts 学生割引、プレイビル・ディスカウント(当日ミュージカルの会場で配られたもの) 日~木曜日の11時のセットのミュージック・チャージが半額になります。
Official Site http://birdlandjazz.com/  スケジュール

バードランド@ニューヨークオフィシャルサイトを開くと流れてくるのは、バードランドの子守唄(Lullaby of Birdland)。1949年12月15日に52丁目にオープンしたこのクラブで、しばしば演奏していた盲目のピアニスト、ジョージ・シアリング(George Shearing)が1952年に作曲したもので(DJの集会のテーマとして10分で書き上げたとか・・)、当時バードランドで演奏するミュージシャン達は、決まって最後にこの曲を演奏したそうです。

 モダン・ジャズが大きく花開く50年代、このクラブの名前の由来となったチャーリー・パーカーや、カウント・ベーシー、ジョン・コルトレーン、セロニアス・モンク、マイルス・デイヴィス、バド・パウエル、スタン・ゲッツ、レスター・ヤングといったジャズの歴史に燦然と輝くジャイアンツ達が、バードランドのステージに立ちました。彼らは連日連夜熱いプレイを繰り広げ、比例するようにバードランドの名前が知られていくようになります。バートランドは、このクラブのキャッチ・フレーズともなっている Jazz Corner of the World.を地で行くクラブだったわけです。

1954年2月21日、バードランドは歴史的な夜を迎えます。ハード・バップ誕生の瞬間といわれる「バートランドの夜(A Night at Birdland)」が、ART BLAKEY QUINTETによってライブ録音されたのです。司会のピー・ウィー・マーケットが冒頭のMCで「このコンサートはブルーノートの録音セッション、大いに騒いで、この場に俺もいたんだって自慢してくれ」といいます。まさしく、居合わせた観客にとって、その通りの夜になったわけです。

オリジナルのバードランドのメニューやパンフレット

しかし、そのバードランドも新しくあらわれたポピュラー音楽、ロックによって過去へと葬り去られ、1965年にクローズしました。その後、1986年に105丁目に再オープンし、最初に店のあったミッドタウンに戻りたいと、1966年に現在の44丁目に移ってきています。というわけで、現在のバードランドは49年から営業をしていたクラブとは違うものです。

バードランド@ニューヨークバードランドは、ジョン・ピザレリ、ヒラリー・コールといった名の良く知られたたミュージシャンが現在も多く出演しています。料金は若干お高めですが、あまりマニアックでなく、食事をしながら、ミッドタウンでエレガントなジャズクラブの雰囲気を味わいたいという方にピッタリのジャズクラブです。

ミュージカルを見た後に、悠々と間に合う地の利の良さもバードランドの特徴の一つです。それを意識してバードランドのセカンド・セットは23時からのスタートになっています。ニューヨークもジャズクラブも初めてという方には、帰る方法の心配をしなくていい、ホテルの近くにあるジャズクラブというのは心強いと思います。ミッドタウンのホテルにお泊まりなら、ジャズを聴いた後、歩いてホテルまで帰れます(でも注意して歩いて下さい)。歩くのはちょっと心配という方はタクシーをどうぞ。8番街に出れば、深夜でも簡単にタクシーが拾えます。

バードランドは高い総合点のジャズクラブです。

【名前の由来】 バードランドという名前は”Birdland, The Jazz Corner of the World”とこの店を称賛した、モダン・ジャズ(ビ・バップ)の父、チャリー・パーカー(Charlie Parker)のニックネーム「バード」にちなんでいます。

▼特 徴 席が多い、華やか、綺麗、ミュージックチャージが少し高い、ブロードウエーの観劇後歩いて行ける、ミッドタウンのホテルなら歩いて帰れる、お店が大きい、大人数で入れる、


▼Hilary Kole sings “Misty” @ Birdland


▼Bobby Caldwell BigBand at Birdland

2月 13, 2011 · Posted in Jazz Club  
    

住所 2751 Broadway New York, NY 10025
TEL  (212) 864-6662
営業時間 月~金 17:00~27:00、土~日 11:30~27:00
ジャズ・ブランチ 土~日 11:30~15:00
席数 50席
Official Site http://www.smokejazz.com/  <Live Schedule>
アルバム Click Here!
 
Smokeの店内  高級住宅街のアッパーイーストサイドにスモークはあります。レンガ造りの壁、テーブルの上のキャンドルがゆらめき、ワインレッドを基調にした落ち着いた店内はムード満点。静かに記念日を祝いたいカップルにおすすめのジャズクラブです。

ひとりで気楽にっていうときはバーカウンターがおすすめです。縦長の店でステージに向かって左側にカウンターがあり、高い椅子からとても良くステージが見れます。

僕の大好きなハロルド・メイバーンはスモークを「世界で一番素晴らしいジャズクラブだ!」と言っています。ミッドタウンからは少しだけ離れていますが、ぜひスモークを体験してみて下さい。

▼特 徴  雰囲気がいい、カップルにお勧め、記念日に最適、料理がおいしい、店が小さい、バーから見やすい

【スモークの名前の由来】 スモークは1999年4月9日オープンと比較的歴史の浅いクラブですが、1998年まで30年にわたってAugie’s Jazz Barという有名なジャズクラブが同じ場所で営業していました。
 共同経営者のポールとフランクは、この場所でジャズクラブを再開するにあたって、地元の人々に愛された店名「オギーズ・ジャズ・バー」の継続を望みましたが、それは叶いませんでした。そこで彼らは、Augie’s Jazz Barにたびたび訪れた、ニューヨークを代表する作家のポール・オースターに敬意を表し、彼の短編小説「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」をモチーフに、脚本を書いた映画「SMOKE」から、新しいジャズクラブの名前を「SMOKE」としました。


▼Ron Carter at the Smoke NYC. Feb 5th, 2011


▼Smoke Jazz Club – New York City Nightlife – on Voyage.tv

10月 17, 2010 · Posted in Jazz Club  
    

住所 131 W. 3rd St. New York, NY 10012
TEL  (212) 475-8592
ステージ 20:00、22:30  +Fri&Sat Late Night Groove Series at 24:30
サンデー・ジャズブランチ 毎週日曜日$24.50 12:30と14:30
Official Site http://www.bluenote.net/ スケジュール フードメニュー

Hiromi Uehara ブルーノートは青山と名古屋にフランチャイズを持ち、日本ではビレッジ・バンガードよりも知名度が高いジャズ・クラブです。オープンは1981年と最近ですが、大物アーチストをブッキングすることで、人気をあげてきました。

アルフレッド・ライオンの手によって設立された、ジャズ・レーベルのブルー・ノート・レコードと、ここブルー・ノートとは関係がありません。ブルー・ノート・レコードの創業は1939年。ジャズ・クラブのブルー・ノートのオープンから遡ること48年も前のことです。

ニューヨークのジャズクラブの中ではミュージック・チャージが高く、料理がアメリカナイズされた大味で(笑)、観光客も多くので、敬遠するジャズファンも多いようです。しかし、われらインスタント・ジャズ・ファンにとっては、日本に帰ってから自慢ができる大物の演奏が聞けて、観光客フレンドリーなジャズクラブですので、どこに行こうか考える時、まず候補にあげたいジャズクラブです。

日本のブルーノートに行ったことがある方は、「ここがあのブルーノートの本家?」と、その飾り気のない質素な雰囲気にビックリされることと思います。店はブルーノート東京の1/3ほどの広さで、ステージに沿ってウナギの寝床のように横に長いつくりになっています。そのためバーカウンターの一部の席はステージが見切れてしまいます。注意して下さい。

旅行代理店のオプショナルツアーにもなっているサンデー・ジャズブランチ、あまりお勧めしません。料理はあまりおいしくないし。昼間にジャズクラブに行くのはもったいないです。ぜひ、夜に!ニューヨークの夜は心配なさるほど危なくありません。

トイレとスーベニアショップは二階にあります。有名なティーシャツを購入されたい方は二階にどうぞ。階段を上がって右側に2つ、アーチストの控室があります。演奏後、運よくドアが開かれていて、ミュージシャンと目があったら(笑)、サインや写真をお願いしてみましょう。きっと気楽に応じてくれると思います。これもニューヨークのジャズ・クラブのいいところです。

▼特徴 日本で有名、料理は大量に出るが大味、ちょっと高いでも有名なジャズマンがよく出演する、席がギュウギュウ、予約をしたほうがいい

Blue Note New York


▼Eldar Djangirov at the Blue Note


▼AVISHAI COHEN – Nu Nu


▼Hiromi and Stanley Clarke at the Blue Note NY


▼Avishai Cohen – Caravan at the Blue Note

10月 17, 2010 · Posted in Jazz Club  
    

住所 116 E.27th St. New York, NY 10016
TEL  (212) 576-2232
セット 19:30~(Door Open at 18:30)、21:30~(Door Open at 20:45)、
Friday&Saturday only 23:30~(Door Open at 22:45)
Official Site http://www.jazzstandard.com/

ジャズ・スタンダードパーク・アベニュー歩き、27丁目を東に曲がったビルの地下にジャズ・スタンダードはあります。1階はBBQの名店Blue Smoke。青いネオンが鮮やかです若手からベテランまで偏りのないブッキングでストレートアヘッドな活きのいい素晴らしいライブを毎晩聴かせてくれます。

ジャズ・スタンダードに行ったら、1階のレストラン・Blue Smokeからサーブされるボリュームたっぷりのスペアリブを食べてみて下さい。とても美味しいです!

ジャズ・スタンダードは、予約がとれないことで有名なユニオン・スクエア・カフェやグラマシー・ターバン、行列の絶えないハンバーガーショップのShake Shackといった、いくつもの有名レストランを傘下に抱えるUSHG (Union Square Hospitality Group) が運営しているジャズクラブです。

Blue Smokeでは色々な味付けでスペアリブが楽しめます。お勧めは、たっぷりとコショウが効いてスパイシーなTexas Salt & Pepper Beef Ribs。この店のオリジナルのビールによくあいます。色々な味にトライしたい方はRib Samplerがおすすめです。3つの味が一つづつ楽しめて、19.95ドルです。

料理サイトになりそうなので、ジャズの話に戻ります(笑)。ジャズスタンダードは1997年創業。。ミッドタウン・サウスではジャズクラブは成功しないというジンクスがありましたが、ジャズ・スタンダードの成功でそのジンクスも打ち破られました。
ニューヨークを中心に活動している、ジャズ・ピアニストの小曽根真さんもよく出演しています。ミッドタウンで美味しいスペア・リブを食べながら、活きのいいジャズが聴けるジャズ・スタンダードはカップルにお勧めのリーズナブルなジャズクラブです。

▼特徴 おいしい料理、洗練された綺麗な店内、大きすぎず小さすぎず手ごろな大きさ、


▼George Coleman Sr. at Jazz Standard – Never Let Me Go
ピアノは僕の大好きなハロルド・メイバーン!


▼2009年9月、Jazz StandardでのEldar Djangirovのライブ

7月 3, 2010 · Posted in Jazz Club  
    

次ページへ »