Blue Note / ブルー・ノート

住所 131 W. 3rd St. New York, NY 10012
TEL  (212) 475-8592
ステージ 20:00、22:30  +Fri&Sat Late Night Groove Series at 24:30
サンデー・ジャズブランチ 毎週日曜日$24.50 12:30と14:30
Official Site http://www.bluenote.net/ スケジュール フードメニュー

Hiromi Uehara ブルーノートは青山と名古屋にフランチャイズを持ち、日本ではビレッジ・バンガードよりも知名度が高いジャズ・クラブです。オープンは1981年と最近ですが、大物アーチストをブッキングすることで、人気をあげてきました。

アルフレッド・ライオンの手によって設立された、ジャズ・レーベルのブルー・ノート・レコードと、ここブルー・ノートとは関係がありません。ブルー・ノート・レコードの創業は1939年。ジャズ・クラブのブルー・ノートのオープンから遡ること48年も前のことです。

ニューヨークのジャズクラブの中ではミュージック・チャージが高く、料理がアメリカナイズされた大味で(笑)、観光客も多くので、敬遠するジャズファンも多いようです。しかし、われらインスタント・ジャズ・ファンにとっては、日本に帰ってから自慢ができる大物の演奏が聞けて、観光客フレンドリーなジャズクラブですので、どこに行こうか考える時、まず候補にあげたいジャズクラブです。

日本のブルーノートに行ったことがある方は、「ここがあのブルーノートの本家?」と、その飾り気のない質素な雰囲気にビックリされることと思います。店はブルーノート東京の1/3ほどの広さで、ステージに沿ってウナギの寝床のように横に長いつくりになっています。そのためバーカウンターの一部の席はステージが見切れてしまいます。注意して下さい。

旅行代理店のオプショナルツアーにもなっているサンデー・ジャズブランチ、あまりお勧めしません。料理はあまりおいしくないし。昼間にジャズクラブに行くのはもったいないです。ぜひ、夜に!ニューヨークの夜は心配なさるほど危なくありません。

トイレとスーベニアショップは二階にあります。有名なティーシャツを購入されたい方は二階にどうぞ。階段を上がって右側に2つ、アーチストの控室があります。演奏後、運よくドアが開かれていて、ミュージシャンと目があったら(笑)、サインや写真をお願いしてみましょう。きっと気楽に応じてくれると思います。これもニューヨークのジャズ・クラブのいいところです。

▼特徴 日本で有名、料理は大量に出るが大味、ちょっと高いでも有名なジャズマンがよく出演する、席がギュウギュウ、予約をしたほうがいい

Blue Note New York


▼Eldar Djangirov at the Blue Note


▼AVISHAI COHEN – Nu Nu


▼Hiromi and Stanley Clarke at the Blue Note NY


▼Avishai Cohen – Caravan at the Blue Note

10月 17, 2010 · Posted in Jazz Club  
    

Comments

Leave a Reply