Birdland / バードランド

住所 315 W 44th St.(between 8th Ave & 9th Ave) New York, NY 10036
TEL  (212) 581-3080
Hours Mon~Sun 17:00~25:00
Shoe Time 20:30~  23:00~
Music Charge $20~50 その日に演奏するミュージシャンによって変わります
Minimum Charge $10/person (フードもしくはドリンク)
Disucounts 学生割引、プレイビル・ディスカウント(当日ミュージカルの会場で配られたもの) 日~木曜日の11時のセットのミュージック・チャージが半額になります。
Official Site http://birdlandjazz.com/  スケジュール

バードランド@ニューヨークオフィシャルサイトを開くと流れてくるのは、バードランドの子守唄(Lullaby of Birdland)。1949年12月15日に52丁目にオープンしたこのクラブで、しばしば演奏していた盲目のピアニスト、ジョージ・シアリング(George Shearing)が1952年に作曲したもので(DJの集会のテーマとして10分で書き上げたとか・・)、当時バードランドで演奏するミュージシャン達は、決まって最後にこの曲を演奏したそうです。

 モダン・ジャズが大きく花開く50年代、このクラブの名前の由来となったチャーリー・パーカーや、カウント・ベーシー、ジョン・コルトレーン、セロニアス・モンク、マイルス・デイヴィス、バド・パウエル、スタン・ゲッツ、レスター・ヤングといったジャズの歴史に燦然と輝くジャイアンツ達が、バードランドのステージに立ちました。彼らは連日連夜熱いプレイを繰り広げ、比例するようにバードランドの名前が知られていくようになります。バートランドは、このクラブのキャッチ・フレーズともなっている Jazz Corner of the World.を地で行くクラブだったわけです。

1954年2月21日、バードランドは歴史的な夜を迎えます。ハード・バップ誕生の瞬間といわれる「バートランドの夜(A Night at Birdland)」が、ART BLAKEY QUINTETによってライブ録音されたのです。司会のピー・ウィー・マーケットが冒頭のMCで「このコンサートはブルーノートの録音セッション、大いに騒いで、この場に俺もいたんだって自慢してくれ」といいます。まさしく、居合わせた観客にとって、その通りの夜になったわけです。

オリジナルのバードランドのメニューやパンフレット

しかし、そのバードランドも新しくあらわれたポピュラー音楽、ロックによって過去へと葬り去られ、1965年にクローズしました。その後、1986年に105丁目に再オープンし、最初に店のあったミッドタウンに戻りたいと、1966年に現在の44丁目に移ってきています。というわけで、現在のバードランドは49年から営業をしていたクラブとは違うものです。

バードランド@ニューヨークバードランドは、ジョン・ピザレリ、ヒラリー・コールといった名の良く知られたたミュージシャンが現在も多く出演しています。料金は若干お高めですが、あまりマニアックでなく、食事をしながら、ミッドタウンでエレガントなジャズクラブの雰囲気を味わいたいという方にピッタリのジャズクラブです。

ミュージカルを見た後に、悠々と間に合う地の利の良さもバードランドの特徴の一つです。それを意識してバードランドのセカンド・セットは23時からのスタートになっています。ニューヨークもジャズクラブも初めてという方には、帰る方法の心配をしなくていい、ホテルの近くにあるジャズクラブというのは心強いと思います。ミッドタウンのホテルにお泊まりなら、ジャズを聴いた後、歩いてホテルまで帰れます(でも注意して歩いて下さい)。歩くのはちょっと心配という方はタクシーをどうぞ。8番街に出れば、深夜でも簡単にタクシーが拾えます。

バードランドは高い総合点のジャズクラブです。

【名前の由来】 バードランドという名前は”Birdland, The Jazz Corner of the World”とこの店を称賛した、モダン・ジャズ(ビ・バップ)の父、チャリー・パーカー(Charlie Parker)のニックネーム「バード」にちなんでいます。

▼特 徴 席が多い、華やか、綺麗、ミュージックチャージが少し高い、ブロードウエーの観劇後歩いて行ける、ミッドタウンのホテルなら歩いて帰れる、お店が大きい、大人数で入れる、


▼Hilary Kole sings “Misty” @ Birdland


▼Bobby Caldwell BigBand at Birdland

2月 13, 2011 · Posted in Jazz Club  
    

Comments

Leave a Reply