子供達とニューヨークに行ってきました! Vol. 31 -

 「子供達とニューヨークに行ってきました!」は、お子さん達とニューヨークに行かれた皆さんの、悪戦苦闘、喜怒哀楽、七転八倒なニューヨークの日々を掲載しています。
▲ 子供達とNYに行ってきました!へ投稿する
 NO.041 ぽろん 関東   Posted 2015/05/28
 2015年3月下旬 7日間 6回目
 母娘の二人旅。学校が春休みになる時期に行きました!
 ブルックリンにあるキングスホテル。
 【ベーグル】Ess-a-Bagelに行きました。ベーグル好きの娘が大喜びしたお店です。
その時の記事 http://ameblo.jp/buzzoffbeagle/theme5-10088078994.html#main
【パンケーキ】Community Food and Juice 平日のモーニングがお得です!私は間に合いませんでした。
その時の記事 http://ameblo.jp/buzzoffbeagle/theme12-10088078994.html#main
 【ショー】Radio City Music HallでNew York Spring Spectacularを楽しみました。舞台いっぱいにダンサーが踊る姿は圧巻!もう一度みたいショーです。【散歩】街歩きが好きなのでセントラルパーク、ブルックリン橋のお散歩は寒い時期でしたけれど、街並みを楽しみました。【ハイライン】大好きな公園、空中から見る街並みが新鮮で楽しい。
 ) 3月のNYは4回目!今年は雪が降り寒かったけれど、雪のセントラルパークは素敵♪新緑の時期、紅葉の綺麗な時期のNYにも憧れます。またNYに行けることを夢みて^^

 NO.040 Shoe 関西   Posted 2015/04/22
 2015年4月上旬 5日間 初めて
 「行ってきます」にも書いたように、ずいぶん前ですが、JOJOさんに「孫と一緒に行ってきました」第1号を書く、と宣言していたのを実現しました。3人いる孫のうち、一番上の男の子がこの春から中学に進学するのを機会に、ちょっと刺激を与えてやろうと、春休みのNY行きを計画し出したのが、去年の夏ごろ。2才下の女の子と、母親(私の次女)の4人で、春休みが始まったばかりの3月26日から4泊6日の予定で出かけました。ま、孫たちをダシにして、私自身が一番楽しみにしてたかもしれません。
  アッパーウエストサイド、ブロードウエイ75thにある、Hotel Beaconの、2クィーン、1ベッドルームのスィートを選びました。NYのホテルは、ここ数年すごく高くなってますね。1泊400ドル近くでした。小さいけどキチンとしたキッチンに、カップや皿はもちろん鍋、やかんまで揃っているので、子供連れには使いやすい部屋でした。深夜まで開いているスーパーFairwayが真向いにあり、朝食は4回のうち3回まで、ここで仕入れた食材を部屋で食べてました。場所もブロードウエイラインの72thからすぐなので、タイムズスクエアなど、どこに出るのもとても便利で、子供たちへの移動の負担が軽くて済んだと思います。とてもいいホテルで、今回の旅行は、他のホテルだったら、もうちょっと大変なものになってたんじゃないかと思うぐらいです。
 上にも書いたように朝食は、土曜日にホテルの向かいのFairway Cafeで、パンケーキやベーコンエッグなどアメリカンなものを食べたほかは、Fairwayで仕入れたパンやフルーツ、チーズなどをリビングで食べてました。
 ランチは、金曜日は在住の友人親子とBoweryのBar Primiというイタリアンレストランで取ったほか、土曜日は動物園帰りにBronxのダンキンドーナツでサンドゥィッチなど。日曜日はメトロポリタン美術館を出て、斜め向かいのNeue Garalieのカフェで甘いものでした。
 夕食は、木曜日はGray’s Papayaのホットドッグとパパイヤジュースなど。金曜日はリンカーンセンター近くの高級飲茶 Shun Lee Cafeで春巻きやヌードルなどでいたが、以前オペラの前に何度か行ったことがあるんですが、こんなものだったかな?という味でした。土曜日はホテル近くのすし店 Sushi Yasaka でにぎり寿司など。ここは地元の人たちで行列ができる人気店で、本物のすしが食べられました。滞在中に一度はステーキが食べたいと言ってたので、Wolufgangなど考えたんですが、HPを見るとちょっと高級な雰囲気で、子供連れはどうも・・な感じだったので止めにしました。ところが、土曜日の朝Fairway Cafeに行ったとき、Cafe & Steak Houseというサインがぶら下がってたので、ここなら気楽だし、子供たちも遠くに出かける元気もなさそうだったので、ここで食べることに。12オンスのNew York StripとRib Eyeを1枚づつ、4人でシェアするといったら、半分ずつに切り分けて4皿にして持ってきてくれました。けっこうおいしくて大正解でした。
 生き物好きの孫たちのリクエストは、2つの動物園と水族館、それになんといっても自然史博物館でした。4泊の限られた日程で、遠くて時間を食う割にしょぼいと判明した水族館以外は全部行きました。ブロンクス動物園は遠いですが、さすがと思わせるところがたくさんありました。でも、寒い時期の雪で、アフリカの動物たちの展示が見られなかったので、もっと暖かくなったいい時期に行くほうがいいでしょうね。自由の女神のクラウンチケットをネット予約して行ったのですが、下の女の子が高い所や暗くて狭いところを怖がるので、台座の狭くて暗い階段を上っただけで腰を抜かしてしまい、上の子と私の二人だけで上りました。その上苦労した割には、窓が思ったより小さく、そこからの景色はまあこんなものか、という程度でした。子供の視点を忘れてはいけませんね。
 孫たちに、世界の中心と言ってもいいだろうニューヨーク、という私の大好きな街を見せてやりたい、という想いで連れて行ったのですが、まあ楽しんではくれたようです。子供にも楽しめそうなミュージカルということで、アラジンとライオンキングという新旧2本をみましたが、どちらもほんとうに楽しそうでした。けっこう好き嫌いが激しいので、食事が心配だったのですが、イタリアン、飲茶、すし、ステーキなどおいしいものが食べられました。子供たちは乗り物に弱く、バスやタクシーに長時間乗ることができないので、移動はもっぱら地下鉄でしたが、この地下鉄が、車両自体は行き先表示や、聞き取りやすい録音による社内放送などがある新しいタイプが増えていましたが、駅や線路などの老朽化はかなり進んでおり、あちこちで工事による運休や遅延があって閉口しました。特に週末に集中的に一部区間を閉鎖して工事することが多く、MTAのHPを細かく見ていないと、どこが運休なのかわからず、うろうろすることになってしまいます。また週末には、5番街やタイムズスクエアを閉鎖してイベントがあると、バスの路線が変わったりするので、これがだめならあれ、という代替案を持ってないと、困ることになるでしょう。まあ、こんなことに巡り合うのも旅の面白さと思えばどうということもありませんが。今回の旅で、いちばん良かったのは、Hotel Beaconのスイートに泊まれたことです。タイムズスクエアはもちろん、自由の女神にも、ブロンクス動物園にも乗り換え無しで行けるし、自然史博物館もメトロポリタン美術館も徒歩圏内で、移動時間が最小限で済みました。まわりはアッパーウエストサイドの落ち着いたいい雰囲気だし、また行くのなら、ここに泊まりたいと思います。

 NO.039 おやしらず 東北   Posted 2013/08/25
 2013年8月中旬 6日間 10回目
  今まで一人でNY訪問していましたが、記念すべき十回目を迎えるあたって、妻より「下見は十分にできたでしょうから、今回は家族で行きましょう。」とのお声。私も以前から家族全員で行きたいと思っていましたが、子供が中一、高一となり、身の回りのことができるようになって、自分で物事を見て感じて考えるようになって、学校行事と重ならない時は、いつ?今でしょう!!幸い2名分の特典航空券が取れたこともあり、夏休みの家族初NYが決定。
 立地を最優先に考えどこへ行くにも便利なウェスティンNYタイムズスクエア。8AVに面した部屋でしたが、このホテルは比較的新しく窓にペアガラスが使用されているので外の音はそれほど気になりません。
ダブルベット2つなので決して広くはないですが、おかげで子供たちとの濃密な時間?を過ごすことができました。
  到着した日の夜にキタノホテルのジャズバーでユキさんとsayoさんと私達家族で合流して食事、楽しい時間を過ごすことができました。雰囲気も落ち着いていておすすめの場所です。
他に食事をしたのは、シェイク・シャック、ガン・ミ・オク、ジョーズ・シャンハイなどです、小龍包は鼎泰豊のほうが繊細な味だと思いますが、ジョーズの蟹粉小龍包、濃厚な味でまた食べたいです。
あとは日本食が食べたくなり、最近ミッドタウンに2号店ができた大戸屋、美味しいですが日本で食べるよりおよそ倍の金額がかかります
 家族4人で行けるのは最初で最後だろうということもあり、自由の女神の王冠(狭い螺旋階段の昇り降りがちょっと大変)や、エンパイアステートの展望台(風が強かった)に昇り、ブルックリンブリッジ走破(天気が良すぎて日焼けした)はエンパイアフルトン・フェリー・ステート・パークからマンハッタン方向へ歩いて渡ったりしました。子供たちに小さな達成感を感じて欲しかったが、受け取ってくれたかな。
あとはアメリカ自然史博物館、イントレビット博物館、ライオンキング等々。
また、タイムズスクエアのトイザラス、ディズニーストアは夕方のお散歩コースでした。
 午後から夕方にかけて時差がつらくなってそのまま寝てしまうと、昼夜逆転する可能性があるのでその時間帯は極力外出し散歩するようにしました、そして早めの夕食といつもより早めの就寝を心がけました。NYはトイレが少ないのでホテルを出る前に済ませておく。この2点は要注意です。
授業で英語を習い始めた下の子が「英会話を勉強したい」などとと言い出すなど、それなりに行った甲斐があったと思いました。

 NO.038 ぽろん 関東   Posted 2012/04/15
 2012年3月下旬 11日間 5回目
 10歳の娘との二人旅!
 【ROOM.A】アパートメントのお宿です。広く、使いやすいキッチンがあり重宝します。お部屋も広く解放感があります!ホテルのような至れり尽くせりのサービスはありませんが 「住むように旅がしたい」派の私にはぴったりの宿です。
http://ameblo.jp/buzzoffbeagle/entry-11214689861.html
↑↑私のブログに記しましたので、良ければ遊びに来てください↑↑
 【bubby's】キッズメニューを渡されたので、その中からハンバーガーを注文しましたが、思いのほか小さかったです。私が頼んだパンケーキの量が多かったので一緒に食べられ良かったかも。
【カフェザイヤ】滞在中二度利用しました、お弁当、おにぎりなどがありました。お天気のいい日に公園でお弁当を広げました。気持ちが良かったです。
キッチン付きのアパートだったので、朝食はベーグル、フルーツ、卵料理、サラダなどにしました。お味噌汁、ご飯も持参しましたが、こちらは母娘ともにホッとする味になりました。
 Michael Jackson THE IMMORTAL World Tourに行きました。
娘が大のマイケル・ジャクソンのファン!マイケルの音楽に合わせてのシルクド・ソレイユには大興奮。今回の旅で一番の思い出になったようです。
タイムズ・スクエアのトイザらス、ディズニーストアなど楽しそうにみていました!
何も買わずでしたが、雰囲気が日本とは少し違うようでわくわくしますね^^
 旅の相手としては最高のパートナーだと感じます!言いたいことも言い合えるし、遠慮もない!
6歳、9歳、10歳と3度一緒に旅をしましたが、今回は 「また来年も連れてきて」 と旅の終わりに言われました。長いフライト、時差ぼけに疲れがたまる旅の始まりですが、リズムが出てくるとNYを娘なりに感じ、街並みを楽しんでいる様子を見ると親は嬉しいもの。
http://ameblo.jp/buzzoffbeagle/entry-11214895753.html
↑↑旅の記録をブログに綴っています、良ければご覧ください↑↑

 NO.037 デイジー 東海   Posted 2011/11/06
 2011年10月中旬 6日間 2回目
 私、主人、8歳と6歳の娘、4人で初めての海外旅行でした。お友達がNY郊外に住んでいるので、そこへ遊びに行く目的もありました。
 Hilton Rye Brook2日間、Hilton New York2日間、お友達のお宅2日間。どちらのホテルも「シャワー浴びて寝るだけ」だったので特に感想はありませんが、Hilton NYの方は、マンハッタンの真ん中だったので、どこへ行くにも便利でした。
 最初はデリとか食べてましたが、子供が「ご飯が食べたい」と言うので、3日目お友達に「牛角」へ連れて行ってもらいました。のりだけで丼ご飯を食べてました。あと、子供のリクエストでラーメン屋さんにも行きました。どちらもホテルから歩いて行けたので良かったです。最後の夜は、お友達にステーキハウスに連れて行ってもらい、超アメリカンなステーキをごちそうになりました。あと、Hilton NYの向かいにあるデリはどれを頼んでもハズレがなく、美味しかったです。
 アメリカ自然史博物館!子供たちは映画「ナイトミュージアム」の大ファンなので、とても興奮してました。半日くらい居ましたが、全部は見れませんでした。タイムズスクエアーのトイザらス、ディズニーストア、M&M's worldも楽しかったようです。ロックフェラーセンターも登りましたが、子供はすぐに飽きてしまいました。
   私が前回行ったのは18年前、西海岸に留学している時でした。あの頃と比べると変わってしまっていた所もたくさんありましたが(ユニクロが5番街にあるなんてビックリ!)、でもマンハッタンの印象は変わらないなぁと思いました。マンハッタンはどこへ行っても観光客だらけなので、あまり不安に思う事はないと思います。うちの子は英語は出来ませんが、NYへ行く前に「お店の人に、Helloと Thank youだけは絶対に言いなさいね」と教えておきました。日本に帰る頃には、自分でお菓子を買ったりもするようになりました。(買い物に会話は必要ないですが)良い経験になったと思います。心残りは、金曜朝テレビを付けると、NBC(ロックフェラーセンターの所)でColdplayがライブをやっていたんですが、その日はもう予定があって行けなかった事です。ホテルから歩いて行けたのに・・・無料でColdplayが見れたのに!行かれる方はNBCの番組、要チェックです。

 NO.036 ぽろん 関東   Posted 2011/04/20
 2011年3月下旬 10日間 4回目
 母娘の二人旅。
旅行大好きな母が好きな場所のNY、娘も私の影響で好きになったので、チケットの安くなる春休みに二人旅をしました。
 TRINITY APARTMENT / NEW YORK http://www.transferny.com/trinity/
  ほとんどがデリ。
デリでは野菜、フルーツを多く取れるのがいいです。宿の近くのお寿司屋さんでテイクアウト。
特別なレストランでの食事をする機会はなかったですけれど、街中のデリ、Cafeでのんびりする時間は旅ならではの楽しみ。。娘と二人、のんびり満喫できました。
 タイムズスクエアのトイザらスでは目がキラキラしていましたね。ここは大人もワクワク!
アメリカ自然史博物館 「明日も来たい」と言うくらい楽しんでいました。
6歳の時も行きましたけれど、9歳になり疑問、興味が大きくなり成長を感じました。
http://ameblo.jp/buzzoffbeagle/entry-10848316848.html
↑ブログに旅の想い出を綴っているので、良ければ遊びに来てください。
  震災後に行ったNY、行くのを迷いましたが…行って良かったです。
子どもとの旅、公園で過ごす時間が多くのんびり楽しめました。行きたい所はたくさんあるけれど、あまり予定を詰め込み過ぎずにひとつの場所で過ごす時間を大切にした今回の旅。
移動を少なくし、睡眠もきちんと取ったおかげで、旅の間は快適に過ごすことが出来ました。
日本にいるリズムをあまり乱さずに旅が出来ました。
多感な時期に色々な経験を積み重ね、娘にとってこれからの成長にプラスになることがひとつでもあれば!と、思います。

 NO.035 うみそら 関東   Posted 2011/03/03
 2010年4月下旬 6日間 2回目
 一昨年、私が友達と2人で行き治安の良さと地下鉄・バス・タクシーなどの交通の便の良さと8歳の子供が映画好きで(特に洋画)その舞台によくなるニューヨークへ行きたいと言われたのも
動機のひとつです。それから、子供の頃に感じた異文化が大人になるにつれてどう変わるか体験させたかったからです。
 インターネットから日本企業が所有しているBEAUX ARTSというアパートメントを借りました。場所は 44STの国連本部近辺でした。
 大きなエレベータが2基ありました。廊下から住人の調理の匂いや独特のアメリカンな匂いがして少し戸惑いましたが部屋に入ると匂いが遮断され安心しました。studioなので日本で言うワンルームですが20畳くらいの広さがあり、建物・部屋は古いですがbathを含めとても清潔でした。
キッチンは冷蔵庫とコンロ4口、あと使いませんでしたが大きいオーブン。日本メーカーの炊飯器、食器、包丁。クイーンベッドとソファベッド。bathはバスタブ付き、洗面所にはドライヤー。トイレは水の勢いが強く驚きました。それからランドリールームが1階にあり、24時間開いていて大変重宝しました。
  不満な所は窓です。開けてみたら古すぎてガラスが外れそうになりました。それから閉まらなくなり、窓枠ももげてしまいそうでヒヤヒヤしながら閉め、二度と開けませんでした。
カーテンは無く、薄いブラインドのみ。ガラス戸1枚なので外気が入ってきてしまい、真冬ならば暖房が効かないんじゃないかなと思いました。NYのBGM、パトカーや救急車のサイレンと地下鉄の音が朝まで聞こえましたが、私達は気になりませんでした。
 まあ、値段が1日$145で大人2人+子供無料なので文句は言えません。
 ドアマンが24時間常駐しているのでセキュリティは安心。彼らも気の良い人達で仲良しになりました。
 子供と(無理やり連れてきた)旦那がデリなど合わなかったら、、と思い調理ができるstudioにしたのでフルキッチン装備でした。観光の帰りに食材をスーパーマーケットで購入して作りました。
 心配をよそに子供だけはデリが口に合ったのでローストチキンやサラダを買って部屋でご飯を炊いて食事としていました。旦那はやはりダメで日本から持参した素麺やカップラーメンを食べていました。
私は朝、子供と2人で散歩がてら色んなところに朝食をとりに行きました。例えばエッサでシナモンベーグルwithバター&コーヒー。その他、スプリングSTのセシセラでデニッシュ(子供はショコラデニッシュがお気に入り)。オーボンパンでスープのセット、などなど。
 ちなみに旦那は近くのベンダーの新鮮なフルーツサラダが朝食でした。
 自由の女神鑑賞クルーズのサークルライン
ロックフェラーのトップオブザロックを夕方〜日没まで。
タイムズスクエア周辺。ネイキッドカウボーイボーイ&カウガール&スパイダーマンと記念写真。
トイザラスは子供のリクエストで3回もいきました。3日目、トイザラス内で迷子になってしまい
必死に探していたら出口手前の大型画面で対戦するマリオカートをしていました。
 帰国前日、ミュージカル「ライオンキング」を観ました。
  怖いもの知らずほど勝るものなし。と思いました。
 旅行中、日に日にたくましくなって 水を買ってきてくれたり(具合の悪い父のため)トイザラスでもトイレの在りかを聞いてくれたりセントラルパークで多国籍の友達を作り5〜6人と岩盤登りや鬼ごっこをしたり最終日はタクシーで行き先を英語で伝えたりとかなりのチャレンジャーでした。
 日本にいると「早くして!」なんていつも言われてるヤツには思えませんでした。親馬鹿ですが
眩しく見えました。
 セントラルパークの日から英語を片言で話し始めたので、環境ってスゴイ!!と感じました。きっと遊びの中で耳から目から文法なんて関係なく例えば鬼ごっこの中で「行け!→go!」て言うんだなと、学習したのでしょう。
 旅行が終わって1年が経ちますが、旅行以来、英語に興味を持ったようです。来年に今度は私と2人で行く予定なので それまでに話せるようになりたいと勉強中です。
 私の英語力もまだまだなのですが NYなど英語圏へ行くと2日目くらいから聞き取れるようになり3日目からは少し話せるようになるので子供脳なのでしょうか?ただし、子供とちがうのは帰国するとすぐ忘れてしまい、振り出しに戻るところです。
 「ライオそンキング」を観る予定が先からあったので、何ヶ月か前にアマゾンでブロードウェイキャストのCDを買い、よく聞かせていました。なのでCDと同じナンバーを目の前で聞いた時、とても感動したそうです。
 飛行機はJALの週末割引で行きました。
 昼頃発で良く寝てもらうため旅行前日に昼寝をさせて夜は遅くまでしかも眠り浅くウトウト、起床時も眠りたりない&お腹空いた状態にして(朝食を軽く)、事前にオーダーしたチャイルドミールが通常ミールより早く来るのでさっさと食べさせ、2時間付属のゲームをして就寝。なんと10時間も寝てくれました。到着したNYは午前中。従って時差ぼけは起きず、NY滞在中も良く寝てました。もちろん大人の私達も同様にして時差ぼけナシでした。帰りは旅行疲れもあるので機内でまたもや10時間就寝。日本で少し時差ぼけしてましたが、そこは順応能力がある子供、すぐ治りました。大人の時差ぼけは何日か治りませんけど。。
 早くも来年が楽しみで仕方ない親子です。次回はアッパーウエストにあるアパートメントにしようかなと今から考えています。

 NO.034 yama 関東   Posted 2011/02/06
 2011年1月上旬 5日間 6回目
 新婚旅行でニューヨークへ行ったのがきっかけで、ニューヨーク大好き夫婦になりました。
何度かニューヨークへ行って実感するのが、「もっと英語でコミュニケーションをとりたい」
相手が言っていることが何となく解っても返事が出来ない(苦笑)This is a pen.で
育っている私たちには英語の習得は至難の技。
子供にはそんな思いはさせまい!!!と幼稚園から英語を学ばせ、土台を作っていたので、ここいら辺でカルチャーショックを与えてみよう!っと言う事になました。
幼すぎてもダメ、高学年過ぎても照れが出てダメ!ということで3年生の今(初海外)となり、いつもより長い冬休み、正月過ぎた低価格時ということも重なり、今回の旅が実現しました。
 ペンシルバニアホテル。
マンハッタンモールが大好きだったので、その並びにあるホテルは買い物目当ての我らにはピッタリでした。
ネットで、部屋指定なしの値段の安さ、立地の良さを重視して選択しました。
ちょうどチェックインの時間と重なり、手続きまで30分近く待たされました。
部屋は、3ベッドルーム+ウォークインクローゼット。
古い造りが幸いして、安い割りに広い部屋でした。
また、部屋指定なしで不安でしたが、朝出て夜帰る生活だったのであえて眺望は必要なく、またメイン通りに面してなかったのが幸いして静かでした。
ベッドサイズはシングルでした。(壁に面してなかったため子供が1度落ちました(笑)
ただし、お風呂の排水が超悪かったです。
みんなが風呂を使う時間帯にシャワーのお湯がなかなか出なかったので、湯船にお湯を張り、体をさっと洗い排水しようと思ったら排水に15分位かかり体が冷えてしまいました。翌朝時差ボケで早く起床した際にシャワーを出したら絶好調な出具合でした。この落差がお値段に比例しているのではないでしょうか?
また、冷蔵庫が無いとの事前リサーチで、ジプロックの大きい袋と100均の保冷バッグを持って行き、ホテルの氷をジプロックに入れて簡易冷蔵庫を作ったのが重宝しました。
子供が白飯を欲しがったので、アルファ米を持って行っていましたが、熱湯が必要とのこと困っていたら、ホテル1FのカフェでマックのジュースLサイズの紙コップに8分目入れて$2で売ってくれました。これには感激しました。
売店のおじさんが優しい方で、子供の英語に付き合ってくれました。
 現地在住の夫の友人のお勧めのお店に行きました。到着した日にはタイムズスクエアで「イタリアン」2日目は子供の時差ボケがひどく「デリ夕食」最後の夜はイーストヴィレッジで「スペイン料理」でした。ウチの子供は好き嫌いが多く不安でしたが、パスタやフライ、ステーキなど口に合ったようでした。朝食はマック、昼食はサブウェイ。自分で値段を聞き、注文させたりして英語の世界を堪能?させました。ミネラルウォーターでは飽きるみたいで、どこへ行っても「お茶が飲みたい」と言っていました。100均に売っているペットボトル用のお茶パックが重宝しました。
また、現地のスーパーで購入した「アメリカンチェリー」が絶品で、日本で食べているものとは比べ物にならないくらい、甘くてジューシーで美味しかったです。
 FAOシュワルツ、ロックフェラーセンタークリスマスツリー、自由の女神、ブルックリンブリッジ、エンパイアステイトビル

事前にニューヨークを舞台にした映画を見せ、イメージしやすいようにしました。
★FAOシュワルツ★「BIG」の大きなピアノ鍵盤、ロックフェラーは「ホームアローン2」など。
ニュースでニューヨーク映像が出た際は、「あそこに登るわよ」っと言い聞かせたりして子供の意欲が沸くように、途切れないようにしていました。もちろん本物を見た子供は「映画と同じ!!」と喜んでくれました。

★自由の女神★事前ネット予約をお勧めします。
9.11以来セキュリティーが厳しくなり、簡単に中へ入れなくなったようです。我が家は事前にネット予約をして自由の女神の冠まで登ってきました。その際のチケットには各自の名前が印刷されて良い思い出の品になりました。
また、セキュリティーが空港並みで身包みチェックはザラでした。(靴も脱ぎました)
時間を有効に使うために地下鉄も利用しましたが、きれいな車両で俗に言われている危険な感じは無くなっていました。ただし、路線のリサーチは慎重に行ったほうがよいです。
★ブルックリンブリッジ★地下鉄でマンハッタン側から午前中に行きました。行きは背中から太陽が当たりポカポカなのですが、帰りは冷たーーい向かい風。時差ボケの子供の体力を一気に吸い取って行きました。冬に行かれる際は完全防備で行ってください。
★エンパイアステイトビル★なかなかタイミングが合わず、今回も夜景は断念・・・と思っていたのですが、最終日の夕食後に子供が「行きたい」と言ったので急遽行くことなりました。長蛇の列を覚悟して行ったのですが、ノンストップですべての難関をクリアし10分足らずで86Fまで行きました。
夜景はすばらしかったですが、やはり寒かった。完全防備をオススメします。
★ユニオンスクエアのフリマ★朝市の雰囲気を見たいという子供のリクエストで行きました。雰囲気が良かったです。また、公園に野生のリスがたくさんいて、のら猫ならぬ「のらリスだー!」と初めて野外それも手の届くところにいるリスのかわいい姿に感動していました。

★デュランズキャンディーバー★お店の写真に惹かれて子供が行きたいと言っていたのですが、ちょっと奥まった所にあり、時間的な余裕も無かったので次回に繰越となりました。
  1/4〜8という短い期間でしたが、家族3人での海外旅行第1弾としては上々の出来でした。
「行く?行かない?」と話が出たのが10月頃・・・それから我が家のニューヨークの旅は始まっていました。長時間のフライトに暇をもてあまさないか?機内食は食べられるか?怖い目に合わないか?時差ボケは大丈夫か?病気はしないか?ご飯は食べられるか?色々心配事はありましたが終わってみれば「ケセラセラ〜」っと過ぎていました。まずは体験することが大事だと思います。家族の共通の思い出です。グアムや韓国などお手軽なデビューもありましたが、私たちはニューヨークを選択して良かったです。また、行けなかった場所があった事、現金が余った事などは「また次に行った時にね!」と希望に変わりました。幼少期よりも記憶に残る小学校中学年頃からがオススメです。

★便利だったもの★ジプロック(大・小)、保冷バッグ(100均)、洗面器(100均)、マスク、スリッパ(100均)、使い捨てカイロ、レジャーシート(小さめ)、携帯電話の和英辞書機能(すぐ操作出来て違和感が無い)、アルファ米(白飯)、塩、ラップ(使用済みの芯に巻いていきました。おにぎり用)、ペットボトル用お茶パック(100均)、緑茶顆粒(100均)、シップ薬(疲れた足に)、お友達の住所録(エアメールを出しました)
パソコン・・・重たかったですが、帰りの飛行機が雪のため3時間送れたとき、飛行場の待合室で
アニメを見て暇つぶしできました。(まだ?まだ?地獄から開放されました。)

余談ですが、英語の先生が「ミッションブック」なるものを作ってくれました。
現地で、ホテルの人に「How are you?」と言ってみる。「A」のつく文字を探そう!など課題がたくさん書いてあり、それをクリアしながらニューヨークを楽しんでいました。
子供にも励みになりました。

私個人としては、今回の旅行はツアーに頼らず、すべて個人で手配した私に「お疲れ様」と言いたいです(自己満足(笑)
飛行機のチケット購入、ESTAの申請、ホテル手配、自由の女神チケット購入と初めてづくしでしたが、40過ぎたオバサンでも出来ましたよ。
皆さんもがんばって子供さんとニューヨークの旅を楽しんで下さい。
ウチは次回もありそうです(大笑)やったぁ!!!

  NO.033 パクッコ 東海   Posted 2010/10/16
 2010年8月中旬 7日間 11回以上
 主人、私、4歳・息子、11ヶ月・娘と4人で。下の子も11ヶ月になり、長時間フライトが可能になったため。行き、セントレア〜デトロイト〜ラガーディア。帰りJFK〜成田。
 BEACON HOTEL。ツインの部屋にしましたが、失敗。子供たちは寝相が悪くベッドから落ちてしまうので、キングベッド1台にして大人が子供を挟んで寝ないとダメだと思いました。
乳幼児連れの旅行では、キッチン付き、セルフランドリーがあるところ、という理由で予算の面からBEACONにしました。米を持って行き、鍋で炊飯。ラップとふりかけ持参だったので、おにぎりを作って毎日出かけてました。
BEACONは、目の前が24時間スーパー、乳幼児連れには最高なホテルだと思います。
 MARS2112や、Ellens Stardust Dinerなど割とにぎやかな店で食事。あとはシェイクシャックやバーガージョイントなど、ファーストフード。下の子は部屋で炊いたご飯に離乳食パウチをかけて、店内で一緒に食べさせてました。とにかくホテルで日本のコシヒカリを炊いていたので、子供たちもアメリカンな食事に飽きることなく過ごせました。
 親は買い物したい、4歳の息子は電車にたくさん乗りたい、ということでウッドベリーコモンに電車で行ってきました。バスで行くより安いし、車窓は楽しいし、子供たちも飽きないし、また電車で行こうと思いました。
あとはウォータータクシーに乗ったり、ブルックリンビレッジを渡ったり、トイザらスで観覧車に乗ったり、とにかくいっぱい歩きました。
 子供と歩いてると、たくさんのニューヨーカー達に話しかけられました。それがものすごく楽しかったです。
子供たちの体調管理にはかなり気を使いました。事前に日本人の小児科医がいる病院をピックアップし、日頃飲みなれている薬も持参。なるべく夜も早めにホテルに戻り、ゆっくりお風呂に浸かって寝かせました。おかげでずっと元気に過ごせました。
コインランドリーもあったので着替えは最低限に。オムツやおしりふき、ベビー飲料は持参しました。上の子は「帰りたくない」といい「来年もまた来ようね」と言ってました。
セントレアからだったので、デルタ航空でデトロイトで乗り換えたんですけど、税関がなかなか進まなく、ラガーディア行きの便にギリギリでした。それがとってもイライラしたので、セントレアからNYに行く方は、一度成田に行き、JFKまで飛んだ方が早く確実に着くと思いました。

 NO.032 鈍殿 関東   Posted 2010/09/14
 2010年8月中旬 7日間 初めて
 初めてのNYC。離れて暮す高校1年の娘と2人で行ってきました。5年位前に1人で行く予定が仕事の都合で行けないままでした。中3からダンスを始めた娘にとってもNYCは良い影響になると思い夏休みに行って来ました(高2になったら相手にしてもらえない危機管理も働きました)。
 マリオットマーキースに泊まりました。ホテルを出ればタイムズスクエアなので初めての自分達にとっては最高のホテルだと思います。買い物してスグにホテルに荷物を置いて出かけられました。わずかな日数で観光に訪れるには貴重な時間を大切に使う事ができました。部屋は広くツインです。眼下にタイムズスクエアでした。
 
 ダンボのブルックリンブリッジパークからの景色が良かったです。建築・構造物に興味があるのでマンハッタンブリッジの2橋の眺めは印象的でした。ウォール街の空の狭さも私には印象的な景色でしたね。失敗した事は地下鉄で2度も方向違いに乗ったことかな?でもだから笑って話せる良い思い出です。娘にはミュージカルを体感させたくて3本見ました。帰る前日にブロードウェイダンスセンターでダンスレッスンを娘が受けてきました。娘の一番のランドマークは99セントショップだったのかもしれません。
  娘とも「ここなら暮せるね」って話しましたね。危険は潜んでるだろうけど、全く普通に地下鉄に乗って出かけられました。チェルシーやイーストビレッジではトイレに困りましたね。愛想の悪い店員も あぁニューヨークだ って思いです(笑)。次に娘と行ける旅行はいつだろう(娘が40才位の頃かな)良い思い出が作れました。5年位前からNYLYを見ながら色々参考にして僕たちの旅行に合ったホテル選び等をしました。初めての書き込みですがNYLYさんお世話になりました、ありがとうございます。

 NO.031 あよちゃん 中国   Posted 2010/04/22
 2010年3月中旬 11日間 四回目
 一人息子が高校生になるにあたり、息子離れを決心した母(私)が、以前働いていて思い出深い街NYを案内しようと、ダンナ抜きでの楽しい最後の(?)二人旅を決行しました。中学生の間はずっと部活バカで休むことを極力息子が拒んだため、チャンスは春休み!とばかり、高校の合格発表の翌日からNY、そしてロンドン経由で入学式前日に帰国という、ハードスケジュールで行ってきました。
 どうしてもプラザホテルに泊まりたくて、最初の6泊は安いルーズベルトホテル。そのあとはパラダイスなプラザホテルに泊まりました。「タバコが吸える部屋」が必須条件だったこともあり、百歩譲ってのルーズベルトホテルでしたが、「まぁこんなもんかな」的な中級でした。息子にとっては最初がここだったので、それなりに満足してくれました。立地的にはグランドセントラルのすぐそばで、さらにダウンタウンからのバスならホテルの前で止まるので便利でしたよ。プラザはすばらしく、どれをとっても眩いばかりの豪華盤でした。部屋の照明もシャンデリアだし、ちゃんとした高そうな絵まで飾ってあるし、毛皮のベッドレストまでありました。エントランスホールの1個2億円のシャンデリアほどではありませんが、水道の蛇口からハンガー、傘に至るまで、細部にわたり贅がつくしてありました。今回泊まったのは、バルコニー付きのタバコOKの部屋だったです。(部屋内では禁煙だそうです)その「バルコニー」というには申し訳ないほど広く、えらそうなカウチチェアーが2台、そしてもちろんテーブルが置いてあったのに、悠々散歩ゾーンもあるほど(日本で言うところの畳10畳ほど)でした。もちろん灰皿もセットされていたので、快適に禁煙天国NYに立ち向かうことができました。特筆すべきは、ホテルスタッフのサービスの質です。フロントやコンシェルジェデスクの方々は、笑顔で無理難題を解決してくださるし、日本人スタッフも時々いらっしゃいました。各階に専属のバトラーさんもいて、つたない英語しか喋れない息子のおつかい(切手を買いに行く)の面倒も見てくださいました。本当にすばらしい!
  ヴォルフガングのステーキは本当においしかったです。息子もぺロりと平らげました。ディナータイムは予約も取りにくいと聞いていたので、これは昼ごはんがっつりバージョンで2回も行ってしまいました。アメリカを息子に感じさせたかったので、ジャクソンホールのハンバーガーとカーネギーデリのパストラミサンドを食べさせました。どっちも激しく驚いていたようです。息子はパストラミサンドは見ただけで食欲が失せたようでした。また、セントラルパーク入り口近くにあるカフェで朝食を取ったのですが、息子初体験の、名前を忘れましたが、温かいオートミールにいちごとバナナと干しブドウが乗っている蜂蜜をたっぷりかけて食べる名物には閉口していました。おいしいのに。そして今回度肝を抜かれたNo.1は、私も初めて食べたプラザホテルのオークルームでのディナーでした。ホテルの親切なコンシェルジェさんに頼んで、「オークルームでまっとうな夕食を取りたいのですが、適当に見繕ってもらえませんか?」とお願いしたら、あれこれ好みを聞きとってくださり、自信満々に予約を入れてくださいました。確かにすばらしい盛りつけと材料と手の込んだ名物料理の数々だったのですが、
どれも日本人の味覚に合わない!ステーキの付け合わせのフライドポテトや天ぷらでさえ、違う物体に変身してでてきました。息子いわく「ものすごく高そうで贅沢な料理だけど、レストランガイドに載らないわけがわかった」そうです。ですが最後のデザートは絶品でしたよ!
 NYに着いてから、毎朝セントラルパークをジョギングしました(息子は)(私はレンタサイクルで初日と次の日だけ伴走しました)。これは良かったです。毎晩の夜更かしや崩れそうな体調管理にも一役買いました。何日目かに、子供たちのフィギュアスケートの大会があり、ジョギング中にちょっと見物して、午後に息子はセントラルパークのリンクでスケートデビューしていました。また確かその次の日あたりにNYシティハーフマラソンがあり、エントリーしてもいないくせに、息子は一緒に走っていました(もちろん途中でコースから引きずり出しましたが)。滞在中はバスケットのニックスとネッツのホームゲームには全て行き(全4試合)合間を縫ってグランドゼロや国連、ミュージカル、カーネギーホールのクラシックコンサート、サンセットクルーズ、もちろん自由の女神、そしてシティパスに載っている全ての博物館・美術館、そしてエンパイヤ、そして話題のシムズでのお買いもの、クリスティーズのオークション見学、NBAストアなどなど、私の知っているNYらしいNYを網羅したように思います。
 今回はダンナ抜きだったので、「なるべく安く、でも、やることはやる」というテーマのもと、ホテルはもちろん、NBAの試合やミュージカル・コンサート・シティパス・ニューアークからの空港バスまで、事前にインターネットで格安手配して行きました。事前割引やスポンサーのアニバーサリークーポンなど、またバスケのネッツが2連勝すると、ドミノピザが「全席5ドル」という破格で売り出すので、お得感に弱い私は、欲張りすぎて隙間なし状態で連日イベントを突っ込みました。おかげで二人とも少々グロッキー気味になりました。が、充実した日々だったと思います。息子に「何が一番印象的だったか」と聞いたところ、「ルンペンと間違われて教会のただ飯を食べさせてもらったこと」と、情けない答えが返って来ましたが、これもまた経験。次は一人でたくましくこの街を歩いてほしいと思いました。また、ほとんどの移動はメトロカードで地下鉄かバス、また夜中まで遊びほうけましたが、NYの治安の良さは、以前に比べ格段に上がったように思います。ぜんぜん安全でした。私が働いていたころは(ほぼ20年ほど前)ブルックリンまで電車で行くのすら怖かったというのに。すばらしいですね。