NYLY Diary

Nowhere better than this place.

事前ネット申告が義務化

Posted on | 6月 6, 2008 | No Comments

アメリカ国土安全保障省(DHS)は6月3日、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)の暫定最終規則を発表しました。

来年1月12日にESTAが義務化された後は、従来90日以内の観光やビジネス目的の場合、ビザの取得を免除されていた日本を含む27カ国の人々 も、機内でI-94W(出入国記録)に必要事項を記入することにかわって、事前にネットで必要事項を入力し、審査を受けることになります。

DHSでは2008年8月1日より、ESTAのウェブサイト(日本語)で任意申請の受け付けを開始しますが、1月12日まではESTAが義務化されるまでは、従来と同じように米国への途上でI-94Wフォームに記入し提出する必要があります。

いったん認証されると、2年間(ただし、2年以内にパスポートが失効する場合には、パスポートの有効期限日まで)有効で、期限内であれば何度でも渡 航可能です。DHSは、認証手続きを容易にするために、渡米の計画を立て始めたらできるだけ早く、遅くとも渡航の72時間前までには、 ESTA申請書を提出することを勧めています。

DHSはESTA(電子渡航認証システム)についてパブリック・コメントを求め、2008年11月中旬までに官報(Federal Register)で、2009年1月12日からのESTA義務化を発表する予定です。

事前登録によって入国審査がスムースになったり、別室送りが減るメリットがあるといいのですが、旅行代理店などの代理申請が認められるとはいえ、ネットに不慣れな高齢者への負担が増すことが心配です。

Comments

Leave a Reply





  • Gallery JOJO

    P1070527
  • About Me

    ニューヨーク・ラブズ・ユーEdited by JOJO
    E-mail jojo@nylovesyou.com
  • Instagram

  • CATEGORIES

  • Advertisement

  • RECENTLY WRITTEN

  • ARCHIVES

  • Tag Cloud

  • Page 1 of 11
    Get Adobe Flash player